I LOVE YOU

I LOVE YOU

この場所は、1978年頃まで魚市場の管理棟として実際に使われていた。部屋に配置されているものは全てこの建物内にあった当時もの。
佐渡では、ロシア、朝鮮半島、中国からのラジオの電波を受信することができる。両津で生まれ育った吉田は、子どもの頃、ラジオから聞こえて来る、意味はわからない異国語のノイズに想像力をかき立てられたという。
点滅する光と連動しているモールス信号の音、双眼鏡から見える旗に描かれた手話は、共に「I LOVE YOU」を示している。
時間や距離を越えたコミュニケーションのあり方、可視化、言語化されにくい豊かな世界の存在を、音と光で構成するインスタレーション。

Special Thanks(敬称略 順不同) : 佐渡漁業協同組合、東恩納裕一、株式会社コウコーAD、菊田樹子、市橋清一、株式会社 造形社、伊藤剛、兵庫勝、半田稲子、石原寿治、本間千奈未、高橋幸弘、伊里和高、渡辺みつえ、嶋田正也、斎藤春江、佐藤達也

I LOVE YOU

This location was in use as the fish market’s administration building until 1978, and the various objects you see around the room are all ones that have remained here since that time. Sado Island receives radio signals from Russia, the Korean Peninsula, and China. As a child growing up in Ryotsu, Yoshida would listen to—what was to him—the undecipherable foreign noise coming through the radio, and let his imagination run wild. The Morse code that beeps in conjunction with the blinking lights, and the sign language that can be seen on the flag through binoculars all spell out the words “I Love You.” This installation uses light and sound to signify the existence of a hidden, inexpressible, and richly layered world, and a form of communication that transcends time and distance.

Special Thanks : Fisheries Cooperative Association, Yuichi Higashionna, KOUKOH AD Co., Ltd., Mikiko Kikuta, Seiichi Ichihashi, Zoukeisya Co., Ltd., Takeshi Ito, Masaru Hyogo, Ineko Handa, Toshiharu Ishihara, Chinami Honma, Yukihiro Takahashi, Kazutaka Izato, Mitsue Watanabe, Masaya Shimada, Harue Saito, Tatsuya Saito.

展示期間
2018年8月10日–26日|9月28日–10月14日

鑑賞時間
10:00~17:00

会場
旧魚市場

入場料
パスポートまたは個別鑑賞チケット

所在地
新潟県佐渡市両津夷海方375

Dates
August 10 (Fri) – August 26 (Sun) |September 28 (Fri) – October 14 (Sun) 2018

Open
10:00 – 17:00

Venue
Old Fish MarketAdmission

Passport Ticket or Individual Program Entry Ticket

Location
375 Ryotsu Ebisu Umikata, Sado

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください